トップ » 最新情報 » コンサート » 第33回定期演奏会のご案内

第33回定期演奏会のご案内

振り返れば、「定期」演奏会としては実に3年ぶりとなります。
指揮者 田中豊輝を迎えて最初の定期演奏会となる今年は、鈴木輝昭 作曲「四つの優しき歌」をとりあげます。弱冠24歳で急逝した伝説の詩人、立原道造。その眩しく若々しい詩の世界を余すことなく表現する本作品は、現在第一線で活躍する鈴木輝昭が30代の頃に初めて発表した混声合唱曲です。奇しくも30代である田中豊輝のもと、青春真っ只中の若手から青春の酸いも甘いも乗り越えたベテランまで、様々なメンバーのコラボが織りなすハーモニーをお楽しみください。

他にも古典の定番ビクトリア、コーラスワークショップ等で日本でのおなじみの作曲家ボブ・チルコット等、古今東西硬軟織り交ぜた演目となっております。特にボブ・チルコットの「イソップ物語」は日本初演ということで必聴です。そして企画ステージでは「海はなかった」等、合唱人なら誰でも知る名曲を「海」繋がりでチョイスしています。大久保が演奏するとどういうことになりますか、こちらも是非お楽しみに。

大久保混声合唱団 第33回定期演奏会 ~新たなる航海へ~

指揮:田中豊輝 ビアノ:川井敬子/服部真由子
2009年9月13日(日) 13:30開場 14:00開演
文京シビックホール大ホール(響きの森文京公会堂)
入場料:全席自由 1500円
主催:大久保混声合唱団
後援:東京都合唱連盟、JCDA日本合唱指揮者協会、辻 音

 

33teien_m.jpg曲目
Ave Maria
Laudate Dominum Omnes Gentes
作曲:Tomas Luis de Victoria

Aesop's Fables
作曲:Bob Chilcott

海はなかった
北の海鳥
若葉よ来年は海へ行こう
びんの中の海(女声)

ひとつの朝(男声)

混声合唱とピアノのための「四つの優しき歌」
作詩:立原道造 作曲:鈴木輝昭

 

チラシダウンロードは こちら

このページの先頭へ

crema design menu