トップ » 指導者紹介

指導者紹介

【 永久名誉指揮者 辻 正行(つじ まさゆき) 】

sikisha_em.jpg1955年、武蔵野音楽大学声楽科卒業、1958年、同大学専攻科修了。

1955年卒業後、NHK東京放送合唱団に入団。テノールを歌い、イタリア・オペラ等にも参加した。

1965年NHKを離れフリーに。この年より日本で初めて邦人作曲家の個展を「コンダクト・リサイタル」として開催。その流れをくむ邦人作曲家の「作品研究会」も高い評価を得た。

故朝比奈隆氏が毎日芸術賞を受賞した1983年ブルックナー連続演奏会の「ミサ曲ヘ短調」では、辻正行率いるTCF(辻コーラスファミリー)合唱団の実力を示し、多方面から賛辞の声が寄せられた。

1984年には合唱団の最優秀指揮者に贈られる「コーラス・オブ・ザ・ワールド賞」を受賞、これまでに多くの団体を全日本合唱コンクールで金賞に導いた。

1987年から1991年のウィーン・ムジークフェラインでの「第九」コンサートや、第1回から10年間つとめた「すみだ5000人の第九」のコーラスマスターなど、大プロジェクトでの実力も高く評価され、シャルル・デュトワとの協演によるN饗(NHK交響楽団)定期公演「真夏の夜の夢」など、名指揮者、プロオーケストラとの協演も成功させている。

2001年10月21日には東京文化会館大ホールにおいて、東京都交響楽団/大久保混声合唱団を指揮し、モーツアルト「戴冠式ミサ」を演奏、2002年8月には第6回世界合唱シンポジウムに日本代表として招待された大久保混声合唱団をアメリカ・ミネアポリスで指揮、10月にはカネマキコア・ハンブルグの招待により、ブラームス「愛の夢」(オーケストラ版)をハンブルグ・ムジークハレにて指揮し好評を博した。

2003年5月には「高田三郎合唱作品全集"その心の響き"混声編」がスタート、8月には大久保混声合唱団と韓国の新進気鋭の合唱団「音楽のある村」との日韓ジョイントコンサートを指揮し、演奏会を成功に導いた。

2001年より、国際芸術連盟主催「21世紀合唱音楽祭」を指揮、2003年で3回目となる。

日本合唱指揮者協会理事長、全日本合唱連盟相談役、東京都合唱連盟顧問を務めた。

2003年11月1日死去。11月28日、勲五等双光旭日章受章。


【 顧問 辻 秀幸(つじ ひでゆき) 】
辻秀幸WEB.JPG
幼少よりヴァイオリン・ピアノ・フルート・金管楽器・作曲を学び、東京藝術大学声楽科及び同大学院独唱科修了。声楽を渡邊高之助、宗教音楽を小林道夫、佐々木正利の各氏に師事。

1985 年イタリアのミラノを中心にヨーロッパへ音楽遊学。L. グゥアリーニ女史、F. タリアヴィー二、H. リリングの各氏に師事。1986 年イタリアのノバラ市国際声楽コンクール入賞。その後、欧州数都市で「第九」のソリストを努め、各地でコンサートに出演し好評を博す。国内でもドイツ・イタリア・日本歌曲を中心に各地でユニークなリサイタル活動を展開する。特に宗教音楽の演奏家としての活躍は目覚しく、ソリスト、福音史家、指揮者として、その活動は常に注目を集めている。現在指導に当たっているアマチュア合唱団は15団体を数え、合唱コンクール審査、講習会講師も多く勤めている。共著に『わかって歌おうシリーズCD付き解説書:レクイエム発音講座』、同シリーズ『フィガロの結婚』がある。

洗足学園音楽大学客員教授、東京藝術大学講師、日本合唱指揮者協会副理事長、東京都合唱連盟理事、日本演奏連盟会員。


【 指揮者 中村 拓紀(なかむら ひろき) 】

中村WEB.pngのサムネール画像のサムネール画像

サボー・デーネシュ氏に指揮と音楽指導を師事。同氏による「指揮者のための国際マスターコース」を(2002年~)修了。2010年より同氏の下(ハンガリー・ニーレジハーザ市)で研鑽を積み、2011年帰国後もその交流を絶やさず今日に至る。

声楽を長谷川敏、上田武夫の各氏に師事。ソロCDアルバム『このみち』を2008年リリース。

幼少より音楽教室に通い、小学生の時は金管バンドに所属。中学時代の合唱部入部をきっかけに、声楽のほかに指揮と作編曲を学ぶ。大学入学以後は特に辻秀幸氏、清水敬一氏、岩本達明氏らとの出会いに強く影響を受け、室内合唱に研鑽を積み国内外の演奏活動を経験する。

洗足学園音楽大学声楽専攻卒業。川崎市合唱連盟副会長。かながわ合唱指揮者クラブ運営委員。日本合唱指揮者協会実行委員。日本ハンガリー友好協会会員。上野学園大学講師。


このページの先頭へ

crema design menu