トップ » 指揮者

指揮者

【 正指揮者 田中豊輝(たなかとよあき)】

 

  sikisha_tanaka.jpg 
2000年 国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業。2002年 同大学院音楽研究科声楽専攻(ドイツ歌曲)修了。声楽を内木邦子、佐藤峰子、眞嶋美彌各氏に、合唱指揮を故・辻正行氏に師事。モーツァルト「戴冠ミサ」「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、バッハ「ヨハネ受難曲」などのテノールソロを務める。2002年、東京と仙台にて歌曲リサイタルを開催。2003年、友愛ドイツ歌曲コンクール本選入選。

現在、コンサートソリストや桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員、国立音楽大学大学院授業補助を務める傍ら、大久保混声合唱団、中原混声合唱団、静岡大学混声合唱団、コール・メゾフォルテ、労音十条合唱団、労音第九合唱団、Mille-Uno、合唱団「虹」、グリーンウッドハーモニー、コールサルなどのボイストレーナーとして活動。東京室内歌劇場会員。日本合唱指揮者協会会員。

 

 


【 永久名誉指揮者 辻 正行(つじ まさゆき) 】

  

sikisha_em.jpg

1955年、武蔵野音楽大学声楽科卒業、1958年、同大学専攻科修了。
1955年卒業後、NHK東京放送合唱団に入団。
テノールを歌い、イタリア・オペラ等にも参加した。
1965年NHKを離れフリーに。この年より日本で初めて邦人作曲家の個展を
「コンダクト・リサイタル」として開催。
その流れをくむ邦人作曲家の「作品研究会」も高い評価を得ている。

故朝比奈隆氏が毎日芸術賞を受賞した1983年ブルックナー連続演奏会の
「ミサ曲ヘ短調」では、辻正行率いるTCF(辻コーラスファミリー)合唱団の実力を
示し、多方面から賛辞の声が寄せられた。

1984年には合唱団の最優秀指揮者に贈られる
「コーラス・オブ・ザ・ワールド賞」を受賞、
これまでに多くの団体を全日本合唱コンクールで金賞に導いている。

1987年から1991年のウィーン・ムジークフェラインでの「第九」コンサートや、
第1回から10年間つとめた「すみだ5000人の第九」のコーラスマスターなど、
大プロジェクトでの実力も高く評価され、シャルル・デュトワとの協演による
N饗(NHK交響楽団)定期公演「真夏の夜の夢」など、
名指揮者、プロオーケストラとの協演も成功させている。

2001年10月21日には東京文化会館大ホールにおいて、
東京都交響楽団/大久保混声合唱団を指揮し、
モーツアルト「戴冠式ミサ」を演奏、
2002年8月には第6回世界合唱シンポジウムに日本代表として招待された
大久保混声合唱団をアメリカ・ミネアポリスで指揮、
10月にはカネマキコア・ハンブルグの招待により、
ブラームス「愛の夢」(オーケストラ版)をハンブルグ・ムジークハレにて指揮し
好評を博した。

2003年5月には「高田三郎合唱作品全集"その心の響き"混声編」がスタート、
8月には大久保混声合唱団と韓国の新進気鋭の合唱団「音楽のある村」との
日韓ジョイントコンサートを指揮し、演奏会を成功に導いた。

2001年より、国際芸術連盟主催「21世紀合唱音楽祭」を指揮、
2003年で3回目となる。

日本合唱指揮者協会理事長、全日本合唱連盟相談役、
東京都合唱連盟顧問を務めた。

2003年11月1日死去。11月28日、勲五等双光旭日章受章。

 

このページの先頭へ

crema design menu